■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■
【スターメディア通信】 2011.11.29.第42号
T. 古典占星術のサインと夢解釈のシンボルの関係に触れる
U. Placidus 7.0関連、金星の五芒星(ごぼうせい)
V. スターメディアの通信講座について
■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
T. 古典占星術のサインと夢解釈のシンボルの関係に触れる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
夢解釈と占星術は、古い記録に見られるように、どちらも歴史が古いです。

ホロスコープを使う占星術は、2000年以上前のギリシャ帝国で誕生しました。ギリシャ占星術です。当時のギリシャはメソポタミア、エジプトを含んでいました。ギリシャ占星術は、古代の占星術の知識を取り入れています。

夢解釈の古い記録では、旧約聖書の出エジプト記が代表的です。エジプトのファラオが見た夢を、奴隷で収監されていたヘブライ人のヨセフが解釈した話は有名です。7頭の肥えた牛がナイル川から出てきて葦の中で草を食べていた所、痩せたひどく醜い7頭の牛が川から出てきて、肥えた牛を全て食べてしまったというファラオの夢。ヨセフは、7年の豊作の後に7年の飢饉があることを伝えました。ファラオは豊作の時期に穀類を蓄えて、エジプトの飢饉を乗り越えました。この出来事のおかげで、ヨセフは大出世しました。


さて、夢解釈と占星術で扱うシンボルの中には、よく合致しているものがあります。その代表的なものの一つは家と身体の部位です。古典占星術では12サインが表します。

夢に出てくる家は現実の家と違い、その時のその人の身体を表します。例えば、床板が剥がれていて、床の直下が泥だらけだった夢は、腸内がとても汚れているという意味です。腸内環境や食生活の見直しが必要だと注意している夢です。

これが占星術だったらどうでしょうか。腸はおとめが表します。出生図や関連するホロスコープ、ホラリーチャートなどを読み取ると、もし腸が不調であれば相応の印が出てきます。ちなみにおとめは、床と同じ高さや、床の上のもの、低い位置のものを表します。床上の敷物はうおです。床板と同じ高さ、というのは、床板そのものの高さも含まれます。床板を剥がした場合、 その板のあった空間と直下はおとめが関与しています。これは床板のくぼみに落ちた失せ物の鑑定で、私は確認しています。


古典占星術で12のサインは、一戸の家においては、家の各場所を表します。12サインが元々表している身体の部位は、夢に家が登場した際の夢解釈で使う身体の部位とほぼ合致しています。つまり、家と身体の部位に関しては、サインと夢解釈のシンボルは、ほぼ同じだということです。


夢解釈はとても便利ですが、夢を見られない時や、覚えていない場合は残念ながら使えません。そんな時に古典占星術の知識があれば、かなり助けになることがあると思います。

古典占星術の12サインは、具体的で、重要な情報を提供しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
U. Placidus 7.0関連、金星の五芒星(ごぼうせい)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ルーメン・コーレブがPlacidus7.0を開発しました。
次のリンク先に関連記事が出ているので、日本の皆さんにもご覧いただきたいと、ルーメンより私に要望がありましたので掲載します。
   http://www.actastrology.com/viewtopic.php?f=22&t=47&p=1550#p1550

本日11月29日付けのスターメディアのお知らせでもこのリンクを掲載中です。
   http://www.starmedia.ne.jp/ 現在トップページに出ています。
そこにactastrology.comについて解説を加えていますのでご覧ください。
2009年はロバート・シュミットがいっぱい書き込んでくださいました。

さて、Placidus7.0の新機能は上記の情報を各自ご参照いただくとして、ここでは、関連する興味深い話を書きたいと思います。


皆さん、金星が黄道面で五芒星を描くことをご存知でしょうか。
何かの謎解きの映画にも出てきたようなお話です。

金星が太陽の近くにある時は肉眼では確認できませんが、ある程度距離が離れるとある日、日没時に西の空にポツンと輝いて見えるようになります。バビロニア占星術ではイブニングスター(evening star)と呼んでいます。

この金星が表れてから584日後に表れる点を、黄道面上で順番に5回繰り返して線で繋ぐと、黄道面に五芒星を描くのです。このことを古代人は知っていました。

ここ20年ほどはコンピューターの発達と普及が目覚しいので、私たちはイブニング・スターを肉眼で確認しなくても金星の描く五芒星を任意の日から占星術ソフトを使って確認することができます。最近では金星が太陽と合になった日から数えて584日後云々と説明する人もいますが、本来はイブニング・スターです。

ここでは、2010年の日本の春分図の金星を基点として584日周期を5回出しました。金星が位置するハウスはハウスカスプ-5度適応でレジオモンタナスで出したものを記載しました。ここでは全て第3ハウスです。

金星の位置
1. 2010年 3月21日2時31分 おひつじ16度24分(第3ハウス)
2. 2011年10月26日2時31分 さそり 20度30分(第3ハウス)
3. 2013年 6月 1日2時31分 ふたご 27度 7分(第3ハウス)
4. 2015年 1月 6日2時31分 みずがめ 2度39分(第3ハウス)
5. 2016年 8月12日2時31分 おとめ  7度29分(第3ハウス)
6. 2018年 3月19日2時31分 おひつじ14度35分(第3ハウス)

上から順番に黄道面で点を繋いでみてください。多少の誤差はありますが確かに五芒星が描き出されます。

* 使用したソフトウェアはPlacidus6.0です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
V. スターメディアの通信講座について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆初級編Tについて◆
古典占星術の通信講座の初級編 I は、11月15日にスタートしました。
初級編 I は、古典占星術の基礎情報です。

講座では、古典占星術の基礎知識を解説するので、ネイタル、マンデン、ホラリー、イレクションの、各分野の固有の基礎知識がいくつか出てきます。この講座では、総合的な基礎知識の一部に触れることができます。

ホロスコープ、ハウス、サイン、天体、天体の影響力の順番で解説しています。

テキストはスターメディアで独自に作成しました。とは言っても、洋書の良書から要点、重要な解説を取り上げて、組み立て直し、日本語の教科書として作成したものです。また各理論を確認した具体的で即結果を確認できた鑑定事例が出ています。

随所で引用元や参考元になった原書(洋書)名と著者名(いずれも歴史に残るプロの占星術家)を書いていますので、後で自分で知識を深めたい方にも有効です。

受講のお申込み、詳細は次のリンク先をご覧ください。
  http://www.starmedia.ne.jp/school.html

◆入門編について◆
入門編では、占星術の歴史、古代の占星術と天文学の知識、現代(モダン)と古典の占星術の違いに触れます。

占星術の基礎知識とは別に、占星術を扱う際に必要となる天文学の主要な知識は、この入門編で扱っています。日蝕、月蝕、合、朔望月(さくぼうづき)など基礎的な用語は入門編で天体の動きと合わせて、図を入れながら解説しています。入門編の受講のお申込み、詳細は次のリンク先をご覧ください。
  http://www.starmedia.ne.jp/school01.html


・古典占星術の基礎を学びたい方
・洋書は苦手なので和書で学びたい方
・講座では和書で勉強するものの、洋書の専門書につながる知識が欲しい方
・初心者向けの講座で内容が充実したものを受講したい方
・プロ向けの講座は難易度が高すぎるので、自力で学ぶ部分を通信講座で補強したい方
スターメディアの通信講座を、ぜひご利用ください。
お申込みとご受講を、お待ちしております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★☆★ 編集後記 ★☆★
・ 東北関東大震災で被災された皆様に、謹んでお見舞いを申し上げます。
すべての被災地が、一日も早く安全に復興するように願っています。
仮設住宅や慣れない環境で冬を越される方々、どうかお身体を大切にお過ごしください。

・ 今年もあと1ヶ月で終わりですね。早いものですが、今年は特に色んなことがありました。社会で人が支え合うこと、心を一つに繋げるような体験をすることも多々ありました。良い心持で、日々を大切に生きたいですね。

・ 皆様、どうぞ健やかにお過ごしください。
 これからもよろしくお願いいたします。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
◆次号第43号は2011年12月〜2012年1月頃にお届けする予定です。◆
 それまでにメールが発行される場合は、臨時増刊号になります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このスターメディア通信はお申込みいただいたお客様に対して無料で配信されています。
配信中止、配信アドレスの変更、ご意見・ご要望は、までどうぞ。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
スターメディア通信 2011.11.29.第42号
発行責任者 森谷リリ子
* 著作権はスターメディアにあります。
転載・引用の際は、事前に必ずご連絡ください。
http://www.starmedia.ne.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


ホーム

Copyright (c) スターメディア 2011 All Rights Reserved.
無断転写・引用はご遠慮ください。