"PLACIDUS" NK 4.10 /  「プラシーダス」NK 4.10 
PLACIDUS / プラシーダス
THE KING OF THE PRIMARY DIRECTIONS

「プラシーダス」は、最も優れた予言技法の一つであるプライマリーディレクションを計算できる世界で初めてのコンピュータプログラムです。現在もこの「プラシーダス」の機能を超えるプライマリーディレクションのソフトは出ていません。このソフトウェアは3年間の開発の末に完成した秀作です。

これは必見!! ⇒  「プラシーダス」使用者からのアドバイス

以下、「プラシーダス」の機能をごく簡単にご紹介します。
「プラシーダス」で計算可能なプライマリーディレクションの例
     英語 
1. Mundo to MC/ASC
2. Mundo Interplanetary aspects
3. Mundo Parallels
4. Mundo Rapt Parallels
5. Mundo to Cusps
6. Planet to itself
7. Zodiacal to MC/ASC
8. Zodiacal Interplanetary aspects
9. Zodiacal aspects to ASC/MC
10. Zodiacal acc. to Lucas Gauric
11. Zod. & Mundo acc. to Regiomontan
12. Under the Pole of the Significator
13. Zod. & Mundo acc. to Campanus
14. Zod. & Mundo Topocentric
15. Primaries in the Lunar and Solar charts (Kuehr)

     日本語 
MC/ASCに対するムンドー
ムンドー天体間アスペクト
ムンドーパラレル
ムンドーラプトパラレル
カスプへのムンドー
天体自身
MC/ASCに対するゾーディカル
天体間ゾーディカル
ASC/MCに対するゾーディカル
ルーカス・ガブリコスによるゾーディカル
レジオモンタナスによるZ&M
アンダーザポール
キャンパナスによるゾーディカル
Z&M トポセントリック
ソーラー・ルナ・リターンチャート(Kuehr)

「プラシーダス」で使える11のキー
 トレミー(Ptolemy),カルダン(Cardan),ナイボッド(Naibod),プラシーダス(Placidus),ケプラー(Kepler),キュンディヒ(Kuendig),太陽経度(Sun Longitude travel (for the birthday)), 太陽経度プログレス(Sun Longitude Progressed travel),シノディック(月)(Synodic),ヴァン ダム(van Dam), カスタマーキー(a Customer key)。
 このそれぞれのキーについて、ダイレクト、コンバースともに計算が可能です。
 カスターマーキーとはユーザーが決めたキーの係数値のことで、この値に対して、プライマリーディレクションの計算が可能です。

「プラシーダス」で計算できる他の予言技法の例
     英語 
1. Transits
2. Direct Progressions
3. Reverse Progressions
4. Solar Return Chart
5. Solar Arc Directions
6. Symbolic Directions
7. Symbolic with a Customer key
8. Lunar return chart
9. Narita Directions(Direct)
10. Narita Directions(Conv)
11. Primary ingresses (Kuehr)
12. Primary transits (Kuehr)

     日本語 
トランジット
ダイレクトプログレッション
リバースプログレッション
ソーラーリターンチャート
ソーラーアークディレクション
シンボリックディレクション
カスタマーキーを使用したシンボリックディレクション
ルナリターンチャート
自転による見かけの位置のゾーディカルディレクション(ダイレクト)
自転による見かけの位置のゾーディカルディレクション(コンバース)
プライマリーイングレス(Kuehr)
プライマリートランジット(Kuehr)

「プラシーダス」の10個のアニメーション機能より3Dについて
3D Astrology(3次元占星術)のアニメーション機能があります。地球儀を簡略化したもので、緯度・経度、赤道、黄道、サイン、ハウス、天体、恒星などが表示されています。地球の自転と実際の天体の運行を視覚から理解できるように工夫されている重要なツールです。

「プラシーダス」の精度と動作する年の範囲
西暦100年から西暦10.000年に対応しています。著名な天文学者Jean Meeusのアルゴリズムを使用していますが、これは現代の天文学で提供し得る最高の精度のものです。

ホロスコープで使用可能なハウスシステム
Placidus, Regiomontanus, Campanus, Topocentric, Koch, Porphyry, Ptolemy の7つ。

この他の機能とヘルプファイル
・ 「プラシーダス」は、多くのデータを印刷できるように設計されています。
・ 恒星へのプライマリーディレクションの計算が可能です。(現在販売しているバージョンからの新機能です)。
・ ヘルプファイルが充実しており、プライマリーディレクションを学び、理解を深める上でも、たいへん参考になります。


ソフトウェアの画面と、主なメニューを左図にまとめました。




赤丸で囲まれたView Onボタンをクリックすると画面右手の「Mundo Primaries To Angles」が表示されます。

左図の黄緑色の枠で囲まれた箇所は、Placidus Parvasにはない機能です。



赤丸で囲まれた R ボタンをクリックすると左図のようなレクティフィケーションの画面が出てきます。ムンドーとゾーディカルの両方で使用できます。



画面中央にMundo Trinesが表示されています。設定画面は元々画面左のレクティファイの箇所にありましたが、隠れて見えなくなっています。
2002年7月11日 更新

ホーム

Copyright (c) スターメディア 1999-2006 All Rights Reserved.
無断転写・引用はご遠慮ください。