"SUMER" 1.0 ("BABYLONIA" 4.0) / 「シュメール」 1.0 (「バビロニア」 4.0)

 「シュメール」1.0 は、「バビロニア」1.3に主に3Dモジュールの機能を追加したソフトウェアです。「バビロニア」占星術を3次元で使用できるように開発されました。
 「シュメール」の主な機能を、下記にまとめて表示しました。

 なお、「シュメール」に登載されている「バビロニア」の基本的な機能、およびプログラムのベースになっている情報等の詳細は"BABYLONIA"1.3をご覧ください。


 下図はソフトウェアの初期画面で、3Dアニメーションが表示されています。リアルタイムで地球は自転し、天体も移動します。


 赤丸で囲んだ箇所Babyloniaを有効にするとソフトウェア「バビロニア」 1.3に登載されている機能が表示されます。


 赤丸で囲んだ箇所「calc Phases」をクリックすると、画面下に「Lunar Calender」と「Planet's Heliacal Phases」を計算しリスト化する画面がでます。下図はLunar Calendarを表示した画面です。このリストは印刷可能で、鮮明で快適なものが出力されます。





 この機能は、シュメールに追加で登載された「Babylonia」の機能で、左図の赤丸印の「Global」を有効にすると表示されます。各天体の光度のサイクルが表示されています。

2002年5月25日掲載

ホーム

Copyright (c) スターメディア 1999-2006 All Rights Reserved.
無断転写・引用はご遠慮ください。