「ご相談(出生時刻不要)」で鑑定できない場合について

 「ご相談(出生時刻不要)」の鑑定で、鑑定をお断りすることがあります。これはあくまでも占星学的な理由によりますが、鑑定できない旨丁重にお伝えしても、悩みぬいた末でのご相談の場合、なかなか納得できない方がいらっしゃるのも現実です。

 「もしかするととても悪い結果だから鑑定できないのでは?」とおっしゃる方もいらっしゃいますが、鑑定可能な事例で、ご本人の意向に添わない結果とわかっていれば、それは鑑定できるということなので、その場合は鑑定料をいただいた上で鑑定結果をお伝えしています。鑑定できない場合はあまり心配されない方が良いでしょう。

 「ご相談」で鑑定できない場合は、出生年月日時を使った鑑定で答えを出すことがあります。例えば引越しについて、ある物件について契約するかしないか迷っているとき、「ご相談」の鑑定で判断しようとしたら、占星学的に答えが出せなかったとします。この場合、「いつ頃、どの方位に引越すのが無難でしょうか。」という質問に切り替えれば、出生年月日時を元にした鑑定ができます。


 人によって置かれた状況や質問の内容は千差万別。どうしても鑑定できない場合は、「占星術(占い)に頼らず、自力で先を見通すか、何らかの体験をする必要があるのだ」と判断し、前向きに受けとめていただければ幸いです。鑑定できないこともまた、星からのメッセージです。

* お願い *
 鑑定ができないとお断りしているとき、当店が鑑定をお休みしているとき、お客様のご都合で何度鑑定を依頼されても、私は鑑定できません。そんなときは今回は縁がなかったとサッパリと諦めてください。その方がお互いのためになります。

2001年5月

ホーム

Copyright (c) スターメディア 1999-2006 All Rights Reserved.