1年の動向 マンデン占星術

マンデン占星術(Mundane Astrology)

マンデン占星術とは、社会の動向、国家や巨大な産業・企業の運命や動向、天変地異など、地球や国家規模のことを占う占星術のことです。占断には、四季図、日食(蝕)、月食、天体の合(掩蔽、大会合ほか)、建国時のホロスコープなどを使用します。


これまでに掲載した占断

 2016年春分図より 1年の動向

 2015年春分図より 1年の動向

 2014年春分図より 1年の動向

 2013年春分図より 1年の動向

 2012年春分図より 1年の動向

 2011年春分図より 1年の動向


2017年の占いについて

四季図より、春分図を使用しました。 (天文データ:Placidus 7.0使用)
天変地異は、通常は春分図だけを使って読むことはしないので、
ここには掲載していません。

2017年の日本について(春分図)



今年は1年のうち最初の3ヶ月間に主要な物事が決まりやすいです。後はその継続です。
国民の間に、一致した意見が出難い傾向があります。

国家機密やテロに関する問題への対処、法律の改正が起こりやすいです。

与党や首相は、国民からの支持を得難いです。今年は支持率が下がるでしょう。
与党や内閣の国民への意識は全体的に低いようです。

しかし国会の野党も同様で支持率が低く、国民の間では国会の状況は残念で失望的なものになりやすいです。

国や政治家が支持されない原因は、発言と姿勢、政府報道とマスコミ報道にあります。 その結果、国の支配層の中で闘争など変化が起こりますが賢明なものではなく不和になりやすいです。

ホロスコープに出ているまま書くと、今年の日本人は少々頭が悪いです。自分たちが気づかないところで法改正があるとか、報道されている内容がよくわからないことがあるようです。TVやメディアで放送していても、「何か言っているな」ぐらいで済ませてしまい、後になってから、日本政府は取り返しがつかないと思えることをやったのだと気づくような兆候がでています。ただ、こうなる要因は国民が利益など経済的なことに関心が傾きすぎること、政府と一般マスコミの報道内容にあるようです。

日本国民は誰が悪いというよりも全体的に頭の働きが鈍るようです。また、国民全体に一致団結は見られません。ばらばらのようです。

今年は日本の象徴的な代表的な人物に変動が表れやすいです。病や何らかのポジションの終わりが出ています。


● 国民生活
病気にかかりやすいでしょう。
男性、女性、子供ともに過労で疲れ果ててしまうことがあるようです。
全体的に生活の水準が良くなる人と悪くなる人の2極化が見られるでしょう。

一方で裕福になる人たちが出てきますが、一時的に終わる人が多いでしょう。
投機でかなりの利益を上げる人が出てきます。


● 経済
日本は豊かな国、利益があるという印象を持たせることができます。
実際に利益を上げる企業や組織が多数出てきます。一方で、不正が明るみになって裁かれてしまうところが出てくるでしょう。

歳入よりも歳出が問題になるでしょう。国民への税金の負担の多さと手当の悪さが際立ち、困窮する人たちが出てきます。日本国民がそれに気づくのは年の後半なりやすいです。


● 外交
目的が合致しているところとは、合意に至ることが多いようです。

何らかの契約を結ぼうとしても途中で破綻することがあるようです。

過去と現在の両方で性被害に関連した問題で、報復的な対応をしてくる国があるでしょう。和解できない状態に陥りやすいです。一部では日本を騙そうとする人たちがいます。


● 天候、自然
今年は北半球で特に水と土砂の災害が出ています。高温と熱波の害があるでしょう。
少し強い地震が日本から見て西と西南の領域で起こるようです。

熱さと湿気、大雨、強風、変化の多い天気が特徴です。霧、雨、水と風の害、竜巻、短時間で巨大に発達する雨雲、高温が強くでています。水は大雨や洪水、河川の氾濫、高波、一部で津波など水による害、冬はもしかすると一部で豪雪になり、高温の影響で雪崩が起こる兆候がでています。今年の気温は1年全体を通して全体的に高めのようです。

春は霰や雹が降り、濃霧が発生し、一部の農地では霜の害が出やすいです。かなり気温が高くなる日があります。
夏は猛暑で、一時的に灼熱の暑さになるでしょう。突風、竜巻、大雨、雹の害があるようです。
夏と秋は水や風の害の影響で、一部の農地は不作になりやすいです。
冬はさほど厳しくならないようです。

海外では水と風、熱波の害が見られ、猛暑と高温で亡くなる人がいるでしょう。


● 健康と衛生
鳥類、昆虫を媒介とした熱のでる病気が流行する可能性が出ています。赤い発疹、赤黒い発疹を特徴としたものがあります。一部で怖い流行病や感染症があるようです。

今年の春分図の特徴は、国民全体が弱っていて病気にかかりやすい事です。呼吸器、肝臓、胆嚢、足、頭部の問題、発赤、発疹、発熱、腫れなどの症状が出やすいようです。男性も女性も子供も感染の対象になっています。眼病も見られます。

被害者、加害者の両方に日本人も外国人も含まれますが、レイプ被害と感染、殺害が出ています。
何らかの依頼先に出向くと密かに相手に痛めつけられるような、あるいは出向いた側が痛めつけるような深刻で悪質な犯罪があり、そこに性が関係していることがあるようです。性犯罪が国際問題になるでしょう。動画や販売商品が摘発対象になりますが、安易な「何か」が感染に関与するようです。

過労死、虐待、虐待による死がみられます。


● 農業や酪農、自然界の動物
木と動物の死が例年より目立つでしょう。
畜産関係と農家で、動物や植物の感染症で苦労することがあります。
鳥類や昆虫など飛来する生物の健康と管理に注意が必要なようです。


● 汚染問題と労働環境と健康
事故のあった原発ですが、水による害がでやすいです。
現地や作業現場で、適切な労働管理、健康管理が行われずに後になってから問題が発覚する兆候が出ています。


● 戦争について
好戦的な国で、密かに周囲に害を及ぼすための準備をして実行に移すでしょう。それが開戦につながるとは明瞭にでていませんが、彼らがもたらそうとしている水の害には注意は必要です。該当国の一つは南と北に別れている国に見えます。

遠い国の兵士、テロリスト、日本にとっての海外のスパイ、あるいは囚われてしまった日本人について、わかりにくい情報が流れてきます。これが一部の国に悪い影響を及ぼすことがあります。

● 治安
医療機関では部外者の侵入、興奮した人の対応が課題になることがあるでしょう。毒のような有害なものを持ち込んでくることがあるからです。

公安のような安全を守る組織や刑務所だと思いますが、内部の配置図や管理情報が国内の危険な組織や海外のテロ組織に流出する恐れが出ています。インターネットを介した情報操作や閲覧、攻撃もあるでしょう。かなり注意した方が良さそうです。

今年は突風の被害があることから、航空機の事故、落下物、に注意が必要です。
海岸と海沿いでの治安にも気をつけましょう。


● 不正
日本国民にとって不利益をもたらす不正が発覚します。
弁護士や政治家、秘密組織、外国人が関与していることがあります。


● 芸術・スポーツ
今年はフィールドスポーツが少々弱いようです。怪我や故障が原因です。
そのような中で、驚くほど優れた成績を残す人たちが出てきます。

● 学校教育
保育所、幼稚園、小学校関係は状況の悪化するところと改善するところが混在します。
給食が問題になることがあるようです。

● マスコミ、報道、インターネット
今年の報道関係、通信関係は一部、かなり悪いです。たいへんな利益を上げるところがある一方で、質が低下し、経営困難になるところが出てきます。

報道の内容と質の悪さが際立ち、国民から反感を買うところが出てきます。


今年は1-2日で鑑定し、全体的に簡単な鑑定結果になりました。
2017年3月22日0時10分 新規 森谷リリ子

ホーム

Copyright (c) スターメディア 2011-2017 All Rights Reserved.